2015年01月01日

はじめに

2005年より沖縄市主催により毎夏行われているキジムナーフェスタ(国際児童青少年演劇フェスティバルおきなわ)
9日間の期間中に国内のみならず世界各国の劇団が約40作品、120公演以上を行います。

2009年の夏、沖縄で大好評のうちに幕を閉じたバレエ・ダンスワークショップin沖縄。一年の時をおいて、新たな形としてダンスプロジェクト沖縄となって帰ってまいりました。

今回は安藤洋子クリエーションプロジェクトと、日野晃身体表現塾です。

日野先生は、コンテンポラリーダンス界の世界的振付家である、ウイリアム フォーサイス氏や、演劇界では俳優、演出家の野田秀樹氏より絶大な支持を受け、世界中から演劇表現、身体表現のワークショップのオファーの絶えない先生です。

また安藤洋子は、ドイツのフォーサイスカンパニーを拠点に、世界的に活躍するコンテンポラリーダンサー。今回のプロジェクトは安藤洋子と共に約一カ月かけて作品を創作し、7月25日の舞台公演披露を目指します。世界的振付家、ウィリアム・フォーサイス氏が絶対の信頼を置く安藤洋子。本物のステージプロと共に作品を創っていく体験は、真摯に身体表現の世界での活躍を夢見るダンサーたちにはかけがえのない経験となると思います。

また、このプロジェクト以外にも、児童向け安藤洋子ダンスワークショップも7月26日・27日・28日、三日間で開催予定です。詳しくは左欄カテゴリ内の募集要項をご覧ください。

ダンスとは何か、身体表現とは何か、そしてそれを生業にするとは何か。コンテンポラリーダンスでは、ステージプロがほぼ皆無の日本。そのためここではなかなか答えを見つけられないこの根源的な問いを、沖縄で模索することのできる稀有な場になると確信しております。だからこそやる気のある方を募集しています。一緒に試行錯誤いたしましょう!


詳しい講師の紹介、および募集要項は左のカテゴリー欄からお入りください。


posted by 大城 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194786509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。