2009年05月29日

Alan Danielson

Alan Danielson (School Director) has been teaching and directing classes at the Limon Institute since
1991.

His company, Dance by Alan Danielson, has performed throughout the North and South America and Europe, and his choreography has been commissioned by many professional and student companies.

He is aninternationally acclaimed Master Teacher of Dance and Music, and has been on faculty at New York University and the Alvin Ailey American DanceCenter.

A professional musician before he began dancing, he has worked as a composer, conductor and dance accompanist.

He also teaches Music for Dancers, Accompaniment for Musicians, and Teaching Methodology.

www.alandanielson.com
posted by 大城 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リモンスタイル・アラン先生のススメ

今年で3回目となるAlan Danielson先生のWSですが、今年もたくさんの方に受講していただくために私なりのクラスの楽しみ方を紹介しようと思います。
いろいろと伝えたい事はあるのですがくどくならないように3つのポイントに絞ってみます。

1、 骨盤(Pelvis)⇒WS経験者の方覚えてますか?アラン先生が不思議なイントネーションで「コツバン!」を連呼していた事をっ!実はこの表現に対して私的に??という感じだったので、去年のWSの際に先生とコツバンの表現法について話し合いました。丹田もしくは体幹なのでと・・・あの頃の私はまだまだ分かっていませんでした・・というのも出産後に踊る事を再開した時にこのコツバンの重要性を痛感したのです(コツバンの復帰に時間がかかりました)。コツバンを水の入ったバケツだと想像する事。これが一つ目のポイントです。
2、 逆サイド(Opposit)⇒これも普段のクラスの中でアラン先生がよく使う言葉です。一つの動作をする時に常に逆サイドを意識する事、なかなか難しい事ですがこれを意識しただけで大きく動く事ができます!ホントです!!特に身体が小さい人にとっては大事な大事なトコですよね?
3、 リズム(Rhythm)⇒どんな動きでも音を捉えられないとただの動作(運動)です。先生がクラスの中で伝えてくれる細かいリズムに身をゆだねてみましょう!今まで聴こえなかった(聴こうとしなかったとも言う。)音が聴こえると世界がババッとひらけます。

さて、この3つのポイントを意識する事でどうなるか?まず身体が強くなります、ダンサーだろうとそうでないとしても骨盤を鍛える事で強い体が出来ます、風にそよぐ大樹も地面にしっかりと根を張っているからこその強さです。腕を上げる足を上げる事をいちいち考えるよりも、全ての動きを身体の中心から出す事で考えがシンプルになります=他に気を回す余裕が出ます。
伝えたい事はたくさんですが、Alan先生のクラスの魅力をもっと皆さんに体感して欲しいです、そして踊りというものは自由なのだと感じて欲しいです!!是非今年もAlan先生に会いに来てください、そして楽しんで踊ってください!


posted by 大城 at 09:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 過去のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

アラン・ダニエルソンWS風景

alanblog03.JPG


alanblog02.JPG


alanblog01.JPG



posted by 大城 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

アラン・ダニエルソンWS参加者の声

08Alan Danielson WS参加者の声

・ 楽しく出来ました!!声で緊張をほぐしてくれてほんとに笑顔で頑張れました。アランの人柄が好きです。フフフ(20代女性)

・ 先生が明るくて楽しい時間でした。今までやった事がないので不安でしたが面白く、自分でも実践してみたいです。コツバンが間の凄く動いて明日どうなるか!!(20代女性)

・ 2時間は短い。3〜4時間の3日間ぐらいはやってみたかった。動きの質をとても丁寧に指導してもらえたのでよかったです。(30代男性)
      
・ 楽しかったです。受けるほど奥が深い、身体が覚えるのに時間がかかるな〜(40代女性)

・ 一つの部位に意識がいってしまっているときに、よきタイミングで他の部位に意識を促す事を教えていただいたので初心者でもついていけました。とても楽しかったです、ありがとうございました!
(30代女性)

・ 受けてよかった。言葉は通じなくても先生の伝えたい心、目で何かが通じた(40代女性)

・ リモンテクニックの特徴を体感する事ができ、貴重なときを過ごす事が出来ました。(30代男性)

・ 身体の使い方、表現する方法はたくさんあるんだなぁと体感しました。2時間は短い、もっと知りたいです。ダンスは自由ですね、自分で型にはめている事をとても感じました。(30代女性)

・ 骨盤からの連動性、軸の強さと柔軟性。流れているようだけどシンの部分が強く存在する事。たのしいWSでした。(40代女性)

・ 身体を全然使っていない自分を改めて発見です。自分の枠をはずしたいです(30代女性)

・ クラスを通して先生のユーモアと笑顔があふれていて身体がかたくならずに自由に動く事ができました。楽しかったです。(20代女性)



posted by 大城 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

申し込み開始!!!

今日から申し込みが開始されました!

すでに、メールにより申し込みも数件届いています。

特にバレエワークショップの初級クラスは今週中に定員に達する可能性が出てきましたので受講ご希望の方はお早目のお申し込みをお勧めいたします。


posted by 大城 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 担当大城より。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

もうすぐ!

今週の金曜日、5月15日より申し込みが開始されます!

特にバレエワークショップ、およびアラン・ダニエルソンワークショップは教室単位での申し込みも予想され、すぐに満員になる可能性がございますので、お早目のお申し込みをお勧めいたします。


昨年大反響のうちに終了した日野晃ワークショップも昨年にもましての申し込みが殺到することが予想されます。こちらは特に定員のを決めておりませんが、あまりに多くの受講者があった場合は申し込み期間中であっても申し込みを締め切らせていただくこともありますのでこちらもお早目に申し込まれることをお勧めいたします。


posted by 大城 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 担当大城より。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

2010年ダンス革命!

まだまだ気が早いですが2010年2月28日に岡山で革命的なダンス公演があります!以下詳細です

tirasi-1.pdf

REAL CONTACTin 岡山 ダンス魂を撃て!!

演出:日野晃

[舞台」に何を観たいのか。
単に足がきれいに上がることなのか、ターンを何十回もぶれずに出来ることなのか、奇妙な動きなのか、トリッキーな動きなのか、豪華な衣装なのか、驚くよう な舞台装置や照明なのか。それとも、作品説明やライナーノーツが語る幻想を当 てはめることなのか。
しかし、その何れにしてもその「舞台」にあるのは、それでしかない。
「舞台」に何を観たいのか。
それは、日常的な怠惰な身体ではない。どこにでもある身体ではない。 非日常を観たいのだ。
昨日の話や明日の話で日常を消化する意識を観たいのではない。幼い意識で作り 出された、稚拙な世界を観たいのではない。子供のように、仲間内にしか指示さ れないものを観たいのではない。私小説のような舞台を観たいのではない。
「舞台」に感動したいのだ。 「舞台」に喜びを観たいのだ。 弾けるエネルギーを観たいのだ。 溢れ出る情熱を観たいのだ。 本当の身体を観たいのだ。
そして、そこに「魂」を観たいのだ。

今回の作品は 3本立てである。そこにある共通性は「関係性」である。意識とい う不可解な代物がより複雑にする日常。無意識の関係性。意識構造の中にある関 係性。そして、ダンサー同士の関係性。舞台と観客との関係性である。
しかし、それは難解なものではない。身体そのものがそれを表現する。それぞれ の情熱と溢れるエネルギーだけでそれを表現する。人は本当の身体をその時目に するだろう。
誰が観ても「面白い!」を観せてやろう!!


posted by 大城 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 担当大城より。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

日野晃ワークショップ風景

DSC_2910-blog.JPG

DSC_2912-blog.JPG

DSC_2913-blog.JPG

DSC_2917-blog.JPG

DSC_2918-blog.JPG

DSC_2919-blog.JPG

DSC_2926-blog.JPG

DSC_2930-blog.JPG

DSC_2931-blog.JPG


posted by 大城 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日野WS風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

バレエ・アトリエクラス風景

画像 020-blog.JPG

画像 021-blog.JPG

画像 022-blog.JPG

画像 023-blog.JPG

画像 028-blog.JPG


posted by 大城 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。